Where the world comes to study the Bible

説教 (Prayer - Japanese)

Related Media

Translated by Masazumi Fujiwara from the English.

I. 新しいシリーズ:何が成長させるのか?祈りだ!

私達は先週から新しいシリーズ「何が成長させるのか?」をはじめました。先週、私達はクリスチャンの成熟のために、聖書を知り、それに従うことは決して譲る事のできない本質的なものであることを見ました。

皆さんが、聖書を学ぶということにさらに献身するために、皆さんにチェックリストをお渡しましたが、それに目を通されたでしょうか?皆さんがそこにある項目にチェックを入れて、さらに御言葉を吸収していこうと決心されたのなら、これほど嬉しい事はありません。

A.目標:霊的な成長のために不可欠な習慣を身につけること

テーマ聖句:Ⅱペテロ3:18 私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。

あなたは神様があなたに成長してほしいと願っている事を分かっていますか?神様はもうあなたがイエス・キリストを救い主として信じるだけでは満足しておられません。今、神様はあなたが神様を主として従い、着いて行くことを願っておられるのです。神様こそあなたが従うべきお方です。

B.霊的に成熟するためにはどのくらいの時間がかかるのか?

私達が「成熟した」と言われるようになるまでにどれくらいの期間がかかるのかについて、聖書は何か言っているでしょうか?そう、言われているのです。パウロはコリント宣教をした後、4~5年後にコリント人への手紙Ⅰを書きました。彼はおそらく紀元51年にコリントに着き、53年までそこに滞在したようです。したがって、彼がコリント人への手紙Ⅰを書いたのは、56~57年の頃でしょう。彼はコリントの人々が成熟の域に達するまで4~5年あれば十分であると考えていたようです。

彼はⅠコリント3章でこのように述べています:

1 さて、兄弟たちよ。私は、あなたがたに向かって、御霊に属する人に対するようには話すことができないで、肉に属する人、キリストにある幼子に対するように話しました。 2 私はあなたがたには乳を与えて、堅い食物を与えませんでした。あなたがたには、まだ無理だったからです。実は、今でもまだ無理なのです。 3 あなたがたは、まだ肉に属しているからです。あなたがたの間にねたみや争いがあることからすれば、あなたがたは肉に属しているのではありませんか。そして、ただの人のように歩んでいるのではありませんか。

もしあなたがクリスチャンとなってからまだ5年も経っていないのなら、まだまだあきらめる事はない。一瞬にして成熟する事を求めてはいけない。そんなこと初めから無理なのですから。しかし、いつも成長しようと努めなさい。

「5年!」という言葉を聞いて不快に思った方はおられませんか?恐らく、その人はクリスチャンとなってから5年以上経っておられるのでしょう。自分が本当はもういなければならない所から遠く離れていることを知っていても、「まあ、とにかく進んでいる方向は間違っていないわけだし、いつかきっと成熟に達するさ。だいたい誰がその「時」を知っているんだ。」と言って、自分の良心を抑えようとしていませんか?成熟とは漠然として、はるか向こうにあって、死ぬまでに達成することなどできないようなゴールでは決してありません。パウロに従えば、成熟は比較的短い期間で達成できる具体的なゴールであるのです。さあ、皆さんどうしますか?

C.全体像:成熟したクリスチャンの7つの習慣

それでは、霊的な成熟に達するためにすべてのクリスチャンに求められる7つの基本的な習慣を見てみましょう。私達は…:

  • 皆さんがこれらの習慣を身につけるために必要な技術 を身につけることを目標とします。
  • 皆さんがこれらの習慣を継続していくために必要な道具 を説明したいと思います。

1.成長するために必要な事。食事—聖書

2. 成長するために必要な事。呼吸—祈り

3. 成長するために必要な事。霊的な清潔さ—罪の告白

4. 成長するために必要な事。家族—交わり

5. 成長するために必要な事。日々の運動—奉仕

6. 成長するために必要な事。護身—誘惑

7. 成長するために必要な事。与える事—賜物の管理

祈りの習慣

「あなたの喜びをキリストにある望みに据えなさい。試練が来ても、それらを辛抱して耐え、しっかりと祈りの習慣を保ち続けなさい。」ローマ12:12(フィリップス訳)

II.祈りの成長図において、あなたは今どこにいますか?

A.何気ない祈り

食事の時、寝る時、他にも事あるごとに。もちろん、このような祈りを皆さんがしていることを期待しています。このようなものは何も悪いことはないのですから。しかし、このような種類の祈りは概して形式化して、短いものです。

B.献身的な祈り

この種の祈りが重要です。これは目的を持った祈りですから。あなたの心が重荷を持っているとき、真剣に祈る事でしょう。例えて言えば、皆さんの10代の子どもさんが運転免許をとった時に皆さんが祈る祈りでしょうか。

C.格闘するような祈り

パウロが同労者に向けて述べた言葉をここで引用しましょう。

コロサイ4:12 あなたがたの仲間のひとり、キリスト・イエスのしもべエパフラスが、あなたがたによろしくと言っています。彼はいつも、あなたがたが完全な人となり、また神のすべてのみこころを十分に確信して立つことができるよう、あなたがたのために祈りに励んでいます。

エパフラスはコロサイ人のクリスチャンのために祈りの中に格闘している(訳者:引用された英語聖書を直訳した。新改訳では上述のように「励む」とある。)とあります。これは強い意味を持っています。当然、疲れることであり、厳しい仕事であるのです。この種の祈りを例えて言えば、娘が神から離れて彼氏と同棲を始めたと言う事を聞かされた父親がするような祈りでしょうか。また、息子がモルモン教会に通うようになり、その子がモルモン教の素敵な女性と結婚することを考えると祈らずにはおられない母親がするようなものでしょうか!

皆さんはどの場所にいますか?皆さんの祈りのレベルはどれくらいでしょうか?

ビデオ—祈りのグループセラピー (WillowCreek Video)

次のための学び:祈りのグループが陥る危険をどのようにしたら克服できるのか?

III.「聞かれる祈り」に不可欠な6つの要素を用い、学ぶ

いわゆる「主の祈り」と呼ばれるものをマタイ6:9-15に見てみましょう。ここで注意したいのは、イエスは「このように祈りなさい」と言われたのであって、「これを祈りなさい」と言われたのではないことです。祈りの中で必要なことを示すために、イエスは私達にこれを与えられたのです。この祈りを祈るために与えられたのではないのです。

ここには、「聞かれる祈り」にとって6つの不可欠な要素 が含まれています。

A.「聞かれる祈り」に不可欠な最初の要素は賛美です。まず、あなたの神様への愛を表現することから始めましょう。

天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。(9節)

まず祈る時、神様への自分の愛を表現する事によって始めたいじゃないですか。まず、神様に「主よ、私はあなたに目を向けたいのです。」と言って始めるべきです。もし祈りの最初に自分自身と自分の必要を見つめることから始めれば、私達は最初から落ち込んで、イライラしはじめてしまうでしょう。でも、まず最初に、神様に目を向けて、今回は神様について何を知る事ができるのか、今回は神様の何を学ぶ事ができるのか、神様は何を私に示してくれるのかに集中していれば、自分の抱えている問題がどんなに大きくても、「神様はなんて偉大なお方なんだろうか!」と考える事ができるのです。

ではどのようにして神様を賛美するのでしょうか?

1.最初に神様がどのようなお方であるかを賛美する—神様のご性質。

祈りにとって、最初に不可欠な要素は神様のご性質です。神様のご性質は「聞かれる祈り」の基本です。神様は神様がどのようなお方であるかを知って認めている祈りに答えられるのです。

この前の週、私はPalm Pilot(訳者:手のひらサイズのコンピュータと思われる。)をなくしました。私はもう取り乱してしまって、家中探し回ったんです。そして、妻を責めてしまったりもしました。しかし、結局どこにもなくてどうしようもなくなってしまったんです。それで、私は下のオフィスに降りていって探し回ったのですが、やはりない。仕方なく、私は机の横で祈りました。「神様、私には分かりませんが、あなたはそれがどこにあるかご存知です。助けてくださいませんか?お願いします。」そして、座って聖書を閉じました。じゃあ、なんとそこにPalm Pilotがあったのです!聖書の下にあったのです!

2.二番目に、神様のなさった御業を賛美する—神様の御業

ほとんどの詩篇はこのために書かれています。つまり、神様がご自分の民に対してなさった驚くべき御業のゆえに神様を賛美しているのです。皆さんは自分の人生の中で神様がしてくださった事をいつも心に留めていますか?また皆さんの家族に対しての御業はどうでしょうか?神の救いをいつも覚えていますか?祈りに答えてくださったことを覚えていますか?

前の金曜日に、私は2つの事について神様に助けを求めました。一つ目は、私のラジカセが壊れてしまった事についてです。このラジカセ、音はあまりよくないのですが、毎朝私がシャワーを浴びてひげをそる時に、このラジカセで箴言の朗読テープをかけているのです。そこで、新しいラジカセが欲しかったのです。それも安いやつを。二つ目は、私が20年間履き続けてきたハイキングシューズの事です。この冬、私はかかとがもう擦り切れてきているのに気付きました。そこで店に行ったのですが、修理に65ドルかかると言われたのです。そこで私は安くて良いハイキングシューズを見つけられるようにと、さっき言った新しくて安いラジカセが手に入るように神様に祈ったのです。金曜日の朝10時までに私は6.99ドルのラジカセを見つけることができました。そして自分にぴったりのハイキングシューズを12.99ドルで見つけたのです。そして今日、私は神様に小さなものではあったけど、祈りを聞いてくださったことに関して、神様を賛美しています!

詩篇100:4は次のように言っています。「感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。」

  • 献身:私は神様ご自身とその御業を賛美します。

B.「聞かれる祈り」に不可欠な2つ目の要素は目的です:あなた自身を神様の目的と意志に捧げましょう。

主の祈りの次の部分は次のように祈っている。

10「御国が来ますように。

みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。」

これは神は神であり、私ではないことを認める事です。祈りのこの部分は、私が、自分の人生・生活の中で、家族の中で、仕事で、学校で、この国で、本当に神様の目的を達成したいのかどうかを問うてくるのです。

この事をこれまで考えてきたでしょうか?神様に、「あなたが私の人生のすべての面で、あなたの望まれる事をして下さい。私は自分が望む事よりも、あなたが望まれる事を望みます。」と言っていますか?

あなたが新しい車 を欲しいとしましょう。神様は「今のやつで十分じゃないか。ちゃんと目的地まで連れて行ってくれるし、ヒーターは動くし、保険は安い。そのまま使え!それで浮いたお金を私のアジアでの働きのため、インド宣教のサポートにまわしなさい。」と言っておられるのではないでしょうか?

これが「あなたのみこころがなりますように。」という祈りの意味なのです。

あなたがチョコレートエクレア が大好きだったとしよう。神様は次のように言われてるのではないでしょうか?「チョコレートエクレアを減らしなさい。一日1つは多すぎる。週に1つにしなさい。無駄遣いせず、お金をためて教会の基金に捧げなさい。」

これが「あなたのみこころがなりますように。」という祈りの意味なのです。

あなたとあなたの彼女が性的な関係 を持っているとしよう。あなたは越えてはならない一線を越えてしまったのです。しかもそれをやめたいとは思っていないでしょう。それに対して神様は次のように言われるはすです。「もう関係を絶ちなさい。今の関係が両方を傷つけることになる事をあなたは分かっているだろう?今すぐ分かれなさい。」

これが「あなたのみこころがなりますように。」という祈りの意味なのです。

あなたはESPN (訳者:おそらくテレビ番)にはまっていて家になかなか帰られないかもしれない。神様はこういっておられます。「家族はあなたを必要としている。テレビを消して、見るのは週に3時間だけにしなさい。

これが「あなたのみこころがなりますように。」という祈りの意味なのです。

ローマ12:1は私達に「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」と勧めているのです。

  • 献身:私は神様が私に求められる事に何でも従います。

C.「聞かれる祈り」に不可欠な3つ目の要素は備えです:神様にあなたの必要を備えてくださるよう求めましょう。

11私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。

私はどの必要のために祈るべきでしょうか?明らかに、必要なものすべての一つ一つのためにです。神様が配慮してくださるのに難しい事は何一つなく、神様が心配してくださるに値しないものなど何一つないのです。だから、私のすべての必要のために私は祈り求めるのです。

経験的に、私たちの心配は非常に多いし、そのために祈るということは非常に大変な事です。だから一日の生活を始まりから終わりまで追ってみて、あなたの必要をすべて書き出してみる事をお勧めします。そして毎日の祈りのリストを作ってみて下さい。あなたが心配している事はあなたが祈るべき事柄であるはずです。

ピリピ4:6「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」

ピリピ4:19は次のように言っている。また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。」

祈りは神様への信頼を個人的に告白する時です。神様の御前にきたら、私はこう言います。「私は全てにおいて、神様、あなたに信頼しています。何か私が自分の必要を得るために、あなたに私を助けていただくためではありません。私は自分の必要をあなたから受ける事ができるとあなたに信頼しているからです。」

  • 献身:私は自分のすべての必要を神様に備えていただけることに信頼します。

D.「聞かれる祈り」に不可欠な4つ目の要素は赦しです:神様にあなたの罪を赦してくださるよう求めましょう。

12私たちの負いめをお赦しください。

主の祈りのこの部分は次のように言っています。「私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」

罪の赦しには4つのステップがあります:

a.ご聖霊様にすべての罪を明らかにしていただく

詩篇139は次のように言っている。「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。」

ご聖霊様に罪を明らかにしていただくよう祈りましょう。

b.それぞれの罪を明確に告白する

しばしば私達は罪の告白をただ「私のすべての罪をお赦し下さい。」とだけ言う事ですましてしまいます。個々の罪を真摯に捉え、個々の罪への赦しを祈り求めましょう。口先だけのようなものでは決して根底にあるものを覆えませんから。

箴言28:13 「自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。」

c.必要ならその人と仲直りする

マタイ5:23-24 「だから、祭壇の上に供え物をささげようとしているとき、もし兄弟に恨まれていることをそこで思い出したなら、 24 供え物はそこに、祭壇の前に置いたままにして、出て行って、まずあなたの兄弟と仲直りをしなさい。それから、来て、その供え物をささげなさい。」

だから、もし神様があなたが誰かに対して何か悪い事をしたとお示しになったのなら、仲直りして、心配事を取り除きましょう。

d.信仰によって神様の赦しを受ける

もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」Ⅰヨハネ1:9

私達が赦しについて話す時、私達はもう罪責間を持って生きていかなくてもいいという事実を受け入れる必要があります。

  • 献身:私は神様に示された自分の罪を告白します。そして、神様の赦しを受けいれます。

E.「聞かれる祈り」に不可欠な5つ目の要素はきよめです:自分の中の恨みや悪意を捨て去る

主の祈りは「私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」と言っています。

キリストが考えていたのは、私達は罪赦されたから、他の人を赦す事ができると言う事です。私たちの心の中に恨みや憎しみ、悪意がある限り、神様は私達の祈りを聞こうとなさいません。聖書がなんといっているか聞いて下さい。

Ⅰヨハネ3:21 愛する者たち。もし自分の心に責められなければ 、大胆に神の御前に出ることができ、 22 また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。

詩篇66:18 もしも私の心にいだく不義があるなら、主は聞き入れてくださらない。 19 しかし、確かに、神は聞き入れ、私の祈りの声を心に留められた。

  • 献身:神様が私を赦してくださったので、私も私達に罪を犯した者を赦します。

F.「聞かれる祈り」に不可欠な6つ目の要素は保護です:神様の保護を祈り求めましょう

13私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。

信者として、私達は霊的な戦いに毎日直面しています。それはサタンが恐れと誘惑を用いて私達を打ち負かそうとしているからです。もし私が1日を神様の力を祈り求める事なしに始めたら、私は自分の力で戦いに出て行かなければならないのです。当然、それは私達に担いきれるようなものではありません!

あなたがこの祈りを祈る時には、あなたは自分のこころと生活を探り、あなたがどこで誘惑に陥りやすいかを見つける必要があります。あなたは自分自身を知る必要があります。なぜなら、あなたのたましいの敵であるサタンは私達の弱い所を完璧に知り尽くしていて、それを利用して私達を深く落ち込ませるのです。

Ⅰコリント10:13 あなたがたのあった試練(訳者:引用された英語聖書では誘惑となっている。)はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練(誘惑)に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練(誘惑)とともに、脱出の道も備えてくださいます。

  • 献身:私は自分の弱い部分を学び、神様の保護に信頼します。

G.関係

この祈りは「関係」という文脈の中で始まっています。つまり私たちの「父親」との関係です。もし私が天の父と関係を持っているという事実を見失ってしまうと、私の祈りは質の悪いものとなってしまうでしょう。

「聞かれる祈り」にとっての基礎は愛する天の父との関係にあるのです。関係はコミュニケーションの上に成り立つものであり、それがなくなると急に弱いものとなってしまいます。神様はいつも聞いておられます。あなたは話しかけていますか?

IV. 結論

次の15分は賛美チームに導いてもらって、今メッセージされたことを実践していきましょう。もし席に座って賛美し、祈りたいのでしたらぜひそうして下さい。

席にひざまずいて祈りたい方はそのようにして下さい。それは素晴らしい事ですから。

また、前に出てきて長老やその夫人たちに祈ってもらいたい方がおられるかも知れません。彼らはあなたのために祈る用意をして、ここにいますから。また望まれるのでしたら、油を注いであなたのために祈る準備もしています。

私達の小グループのリーダーや執事もここにいます。彼らは小グループでの祈りを導いてくれます。もし小グループに加わって祈りたい方がおられればご参加下さい。なにも大きな声で祈る必要はありません。他の人が祈っている中に静かにいてくださっても結構です。

ぜひ、主イエス・キリストが与えてくださった模範を実践しましょう。祈りましょう!

Related Topics: Prayer, Teaching the Bible